コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 特別展・企画展 > 開館3周年記念特別展「アーブル美術館展-親子でつくるアートな世界-」

開館3周年記念特別展「アーブル美術館展-親子でつくるアートな世界-」

更新日:2022年01月20日

特別展_HPトップ用_バナー大1

特別展_バナー640*100_1
関連イベントについてはこちらをクリック

ルーブル美術館ならぬ「アーブル美術館」?!子どもの感性は無限大!

アーブル美術館は、ルーブル美術館に憧れる藤原晶子氏と彼女の子ども2人(天馬・心海)からなる親子アートユニットです。「私はルーブル美術館になりたい!」という母の想いをこめて「アーブル美術館」と名乗り、母の指導のもと、2人の子ども達がフェルメールやゴッホなど古今東西の名画をモチーフに制作を行っています。
ダンボールや雑貨など身近な素材をキャンバスに、子ども達によって描かれた作品は、ヘタウマ?!ながらオリジナルの絵の本質をとらえ、見る人を引きつける面白さがあります。
制作のきっかけはなに? 制作中の子ども達はどんな様子だったの?
美術鑑賞って難しそう…と感じているあなたも、美術館が大好きなあなたも、アーブル美術館の世界に飛び込んでみませんか?



特別展「アーブル美術館展ー親子でつくるアートな世界ー」をご観覧予定の皆様へのお知らせ(一部日程において、事前電話予約を実施します。)

電話予約_バナー



特別展・企画展1_展示物紹介_画像1 風神雷神図屏風のトリックアートが登場!来場記念に写真を撮ろう!

 

特別展・企画展1_展示物紹介_画像2

  • 特別展・企画展1_展示物紹介_画像3
  • 特別展・企画展1_展示物紹介_画像4

 

  • 特別展・企画展1_展示物紹介_画像5
  • 特別展・企画展1_展示物紹介_画像6

ⒸMUSEE DU AOUVRE

 

アーブル美術館館長あいさつ

アーブル美術館は、わたくし館長・藤原晶子と息子と娘(天馬・心海)からなるユニットです。憧れのルーブル美術館に敬意を表して晶子の頭文字をつけてアーブル美術館と命名し、日々、天馬と心海がフェルメールやダヴィンチ、バンクシーや岡本太郎といった古今東西の名画を模写してきました。
そういった活動を続けて10年目を迎えた今、総制作数700点の中からお気に入りをピックアップし、会場で皆様にお披露目できる機会を得て、とても嬉しく思います。 模写とはいえ、本物とは全く違う仕上がりになっているものもあります。その違いすぎる感じにおもしろさをみつけ、「なんじゃこりゃ楽しい!」という気持ちを味わっていただければ、私は幸せです。私の感じたドキドキ、ワクワク、ゲラゲラを皆様と共有できることを願っています。

  特別展・企画展1_画像素材_1

 

展示構成

第1章 アーブル美術館が選ぶルーブル美術館

アーブル美術館の憧れの場所である「ルーブル美術館」。
ルーブル美術館に展示されている作品をモチーフに制作した作品を展示します。

第2章 アーブル美術館コレクション

総制作数700点にもなる作品の中から、アーブル美術館お気に入りの作品を展示します。

第3章 アーブル・ハウス

普段使用している雑貨など、身近な素材をキャンバスに制作を行っているアーブル美術館。
アーブル美術館の作品でいっぱいのリビングを覗いてみませんか?

注:新型コロナウイルス感染症等の影響により、展覧会の内容・関連イベントが変更・中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。 

関連イベント  関連イベントバナー

ここふるショップ 特別展限定メニュー「アーブル!?パイ」

期間限定メニュー「アーブル!?パイ」が登場!『アップルパイ』にゼリーやチョコを飾り付けて、オリジナルの「アーブルパイ」に仕上げちゃおう☆特別展観覧とあわせて、ぜひお楽しみください♪

  詳しくはこちら

トークショー「絵を描く楽しさって何だろう?」事前予約制 無料

作品制作時の思い出や展示の見どころについて、楽しく語ります。

  • 日時:令和4年2月5日(土曜日)午後2時~午後3時
  • 会場:大野城心のふるさと館M2階講座学習室
  • 登壇者:藤原晶子(親子アートユニット「アーブル美術館」館長)、赤司善彦(大野城心のふるさと館館長)
  • 定員:50名(応募者多数の場合は抽選)
  • 料金:無料
  • 申込期間:令和4年1月12日(水曜日)から1月26日(水曜日)

    詳しくはこちら

ワークショップ「名画な「段バッジ」を作ろう!」事前予約制

名画の中から好きな人物や動物を選んで、ダンボールに新年の書き初め気分で、筆ペンを使って描いてみましょう!できあがったものは、バッジにします。

  • 日時:令和4年2月6日(日曜日)午前11時~、午後1時半~(各回60分程度)
  • 会場:大野城心のふるさと館M2階講座学習室
  • 講師:藤原晶子(親子アートユニット「アーブル美術館」館長)
  • 定員:各回10名(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加費:200円
  • 対象:どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
  • 申込期間:令和4年1月12日(水曜日)から1月26日(水曜日)

    詳しくはこちら

みんなで大きな絵を作ろう!無料

展示を見た後は、お絵かきに挑戦!みなさんが描いた絵を集めて、大きな絵を作ります!どんな作品ができるかな?

  • 日時:令和4年2月12日(土曜日)、2月13日(日曜日)
    両日ともに午前9時から午後5時(随時参加可能、材料がなくなり次第終了
  • 対象:特別展をご観覧いただいた方
  • 備考:完成した作品は、大野城心のふるさと館SNS等で発表します。

僕もわたしも学芸員!無料

アーブル美術館の学芸員になったつもりで、「ひらめき★カード」を書いて作品の面白さを伝えよう!参加してくれた方には、本展覧会限定の「アーブル美術館ステッカー」をプレゼント!

  • 日時:令和4年1月15日(土曜日)~3月6日(日曜日)
  • 対象:特別展をご観覧いただいた方

 


 

基本情報

開催期間

令和4年1月15日(土曜日)~令和4年3月6日(日曜日) 

開場時間

午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌平日)

会場

大野城心のふるさと館 3階企画展示室

観覧料

  • 一般200円(150円)
  • 小中高生100円(50円)
  • 未就学児無料

注:( )内は 20人以上の団体料金、または、ここふる友の会会員料金。
注:療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示した場合、および手帳を提示した人の介護者1人は無料。
注:心のふるさと館の入館料は無料です。

主催

大野城心のふるさと館、大野城市、大野城市教育委員会

特別協力

アーブル美術館

新型コロナウイルス対策について

当館は新型コロナウイルス感染症拡大防止に取り組んでいます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

  • 来場者多数の場合は、一時的に入場を制限する場合があります。
  • 混雑が予想される場合は、特別展事前電話予約を受け付ける場合があります。
  • 新型コロナウイルス感染症等の影響により、展覧会の内容が変更・中止となる可能性があります。
  • ご来館の際には、正面入口での検温、万が一の場合の保健所からの指導に備えたご連絡先の記入、手指消毒等にご理解・ご協力をお願いいたします。