コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 【10月29日~12月22日】特別展「縄文王国やまなし」

【10月29日~12月22日】特別展「縄文王国やまなし」

更新日:2019年12月02日

縄文王国やまなし(トップ)

関連イベント

  • 縄文王国やまなしバスツアー
  • 縄文王国やまなし 講演会&パネルディスカッション
  • THE HUNTING
  • 縄文ワークショップ
  • リストバンド(バナー)
  • 3D映像(バナー)

特別展「縄文王国やまなし」

縄文時代は主に狩猟・採集・漁労活動によって定住生活を営んだ時代です。その文化は1万年以上も続き、各地で独特な文化が生まれました。山梨県をはじめとする中部高地では、縄文時代中期に大集落が営まれました。そして呪術的な土偶や、装飾紋様の豊かな縄文土器が発達します。とりわけ縄文土器の不思議な装飾は、自然と共生した縄文人の神秘的な世界観の表れとも考えられます。
今回の展覧会では、「縄文王国」から厳選された縄文土器と、それとコラボレーションした現代作家の作品をじっくりと堪能してください。土偶や土器の装飾紋様に込められた縄文人の精神世界を私たちの感覚ですくいとってみましょう。

  • 土器把手(縄文王国やまなし)
  • 深鉢形土器1
  • 深鉢形土器2

 

期間

令和元年10月29日(火曜日)~12月22日(日曜日)

休館日

月曜日(祝日の場合翌平日)

開場時間

午前9時から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)

:令和元年12月21日(土曜日)は、午前9時から午後7時まで(入場は午後6時30分まで)

会場

心のふるさと館 3階企画展示室

観覧料

  • 一般 200円(150円)
  • 高校生以下 無料(学生証等の提示をお願いします。)
    :( )内は 20人以上の団体料金、または、ここふる友の会会員料金。
    :お子様の安全の観点から、未就学児のみの観覧(企画展示室への入場)はお控えいただくようお願いいたします。
    :療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示した場合、当事者および手帳を提示した人の介護者1人は無料。
    :心のふるさと館の入館料は無料

主催・協力

主催 

大野城心のふるさと館、大野城市、大野城市教育委員会

協力

北杜市教育委員会、南アルプス市教育委員会、組合立釈迦堂遺跡博物館、山梨県立考古博物館、大野城市美術協会

この企画は心のふるさと館と九州国立博物館との同時開催企画です。
両方行って楽しさも2倍!

 九州国立博物館(縄文王国やまなしチラシ−表)
 
特集展示「縄文王国やまなし」

期間

令和元年10月29日(火曜日)~12月22日(日曜日)

会場

九州国立博物館 文化交流展示室 第3室

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。