コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 〔おうちミュージアム〕人面墨書土器のお面をつくろう!

〔おうちミュージアム〕人面墨書土器のお面をつくろう!

更新日:2020年05月08日

人面墨書土器タイトル(おうちミュージアム)

 

 人面墨書土器写真(おうちミュージアム)

 
大野城市では、「人面墨書土器(じんめんぼくしょどき)」という顔がかかれた土器がみつかっています。
今から1200年以上前の奈良時代につくられた土器で、この土器の底面には穴が開いています。
人面墨書土器の顔は疫病神(やくびょうがみ)をあらわしているとされ、‏口の部分を紙でふさぎ、
底の穴から息を吹き込むことで病気を引き起こす「悪いモノ」を封じ込められると信じられていました。
封をした土器は、中の「悪いモノ」と一緒に川に流してしまっていました。

現在、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界全体が大変な状況になっています。
昔の人たちが、人面墨書土器に「悪いモノ」を封じ込めていたように、
今の状況が少しでも良くなるよう願って、おうちで人面墨書土器のお面をつくってみませんか?

 人面墨書土器作り方(おうちミュージアム)

人面墨書土器アドバイス(おうちミュージアム)

注:詳しい作り方は、下記の添付ファイル(お面の作り方)をご覧ください。

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク