コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 【市職員へ】みんなでみんなを応援しよう!フレーフレーおおのじょうプロジェクト

【市職員へ】みんなでみんなを応援しよう!フレーフレーおおのじょうプロジェクト

更新日:2020年7月29日

フレーフレーおおのじょうプロジェクト(バナー) 
◆応援メッセージは降順で表示しています。

応援メッセージ No.3(7月29日公開)

メッセージをお寄せいただいた方

M.F.さん

メッセージ

 新型コロナウィルスの蔓延により、これまで経験したことがない対応等、大変な中、私達大野城市民の為、いつもありがとうございます。
 色々な意見があるとは思いますが、市役所職員様のおかげで私たちの生活が支えられていることは間違いありません。
 これからも、体調に気を付けながら頑張ってください。
市役所の皆さんへ(No.3ハガキ・フレーフレーおおのじょうプロジェクト)

応援メッセージ No.2(7月29日公開)

メッセージをお寄せいただいた方

T.K.さん

メッセージ

 コロナ禍で市役所のみなさま自身も感染への不安などを抱える状況で、私たち市民のために平時と変わらず業務に従事いただきありがとうございます。
 コロナの感染予防や給付金の支給事務などコロナ関連の対応など非常に大変な状況だと思いますが、みなさまのおかげで私たちの生活は支えられています。本当に感謝いたします。
市役所の皆さんへ(No.2ハガキ・フレーフレーおおのじょうプロジェクト)

応援メッセージ No.1(7月20日公開)

メッセージをお寄せいただいた方

JW Kenjiさん(大野城市在住)

メッセージ

 コロナ渦の大変な中でも、私たち市民のために身を粉にして働いてくださっていることに、心から感謝しています。

 行政のサービスに対しての苦情や不満を口々にする方もおられるかもしれません。

 先日、給付金の申請のために市役所を訪れました。その際に、職員の皆さんが親切にしてくださり、一生懸命に働いておられる姿を見ました。
 正直、私も給付金の行政手続きなどに関して『もう少しスピーディに出来ないのかな?』と感じつつもいたのですが、限られた職員の数の中で、懸命に働いておられる姿を見た時に、その感情は感謝に変わりました。

 私の好きな言葉に『愛には恐れがなく,完全な愛は恐れを締め出す』という言葉があります。 

 ご自身や家族への感染リスクを抱えながらも、懸命に市民のために働いてくださっていることに心から感謝しています。引き続き、市民の安全な暮らしのために、どうぞ宜しくお願いいたします。