コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 館長の部屋

館長の部屋

更新日:2019年01月08日

大野城心のふるさと館 館長

館長

赤司 善彦(あかし よしひこ)

館長からのメッセージ

新年あけましておめでとうございます。

当館は開館後初めてのお正月を迎えることができました。昨年は、多くの皆さまに来館いただき、誠にありがとうございます。

さて、現在とちがって旧暦の正月は、ひと月遅い1月終わりから2月前半頃にあたっていました(今年の旧正月は2月5日です)。その頃には白梅の花が咲き、一輪ずつ咲くたびに春は本格化してゆきます。その芳香漂う花びらに頬を寄せて、古来より人々は梅を愛でながら新年を迎えてきたのです。正月は文字通り新春を迎える時候だったといえます。 

この梅は日本古来の植物と思われがちですが、実は奈良時代になって唐から持ち込まれたものなのです。いわゆる帰化植物です。日本は唐の制度や文化に倣いながら先進的な知識や学術、あるいは世界的な文物を積極的に輸入することで新しい国家を築こうとしました。そういう意味では薫り高い唐文化への傾倒を梅が象徴しているのかもしれません。

当時の人々の感性を今に伝える『万葉集』にも中国文芸の強い影響を認めることができます。人気の点では双璧をなす桜は日本の古来種です。万葉集では桜が約40首、これに対して梅は約140首も詠まれているのです。しかし、興味深いのは、この後に編まれた平安時代初期の『古今和歌集』では桜が約100首で、梅はわずか20首と、逆転しています。平安時代に鎖国のような政策がとられ、国風文化が華やぐのに合わせて花の好みも変化したようですね。 

もちろん観梅の習慣はそのまま廃れたわけではありません。中世にも梅は愛でられたのですが、その方法は少し異なっています。宋の詩人として著名な林和靖(りんわせい)は山林に住んで梅を妻にしたといわれるほど梅を愛した隠遁者ですが、「疎影横斜水清浅 暗香浮動月黄昏」(清らかな水辺に、まばらな梅花の枝の影が斜めに横たえて映り、月がのぼる黄昏に、かすかな梅の香が漂う)という梅の描写を呼んだ有名な詩があります。そのため「暗香疎影」(あんこうそえい)といえば梅の花を指す言葉になっているのです。日本でも中世になると夜の暗闇の中で梅を楽しんだようで、新しい梅の観賞方法が芽生えています。このように中国文化と日本人の関わり方が変化していく有様を、梅が写し出していると言えるかもしれませんね。 

皆さんはどのように梅を鑑賞なさっていますか。市内にもたくさん梅の名所があるのではないでしょうか。現在、3月の企画展で展示する「わたしのふるさと写真」や「故郷への思いを綴ったメッセージ」を募集しています。梅花にまつわる写真やメッセージをぜひお寄せください。 

また、今年の旧正月の頃には、当館では「むかしのくらし展」を実施しています。炭火カイロ・火鉢・湯たんぽなどの暖房具も紹介します。今よりもっと冬は寒かったと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。昔を思い出して、凍えた手にはーっと息を吹きかけながら鑑賞なさってはいかがでしょうか。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成31年1月8日

 


1957年福岡県生まれ

 

専門分野

古代の大宰府や古代山城、主に朝鮮半島との対外交流、近年は水中遺跡の調査研究。

 

経歴(年度)

1984年~ 福岡県教育庁文化課技師

1985年~ 九州歴史資料館で大宰府史跡の調査研究に従事。その後、福岡県教育庁北筑後教育事務所等で勤務。

2000年~ 九州国立博物館の設立準備に従事。

2005年~ 九州国立博物館展示課長

2014年~ 福岡県教育庁総務部文化財保護課長、副理事兼文化財保護課長を経て2017年3月に退職。
      その後九州歴史資料館企画主幹にて再任用。

2018年~ 市民ミュージアム 大野城心のふるさと館館長に就任し、現在に至る。

 

業績 2018年~

著作等
  • 「世界の水中遺跡の保存と活用」『水中遺跡の歴史学』山川出版社2018.3
  • 「大宰府の都市の造営」『大宰府への道―古代都市と交通―』九州歴史資料館2018.4
  • 「博多をめざした交易船をさがす」『西日本文化』478 2018.7
  • 「公立博物館意識改革待ったなし」『西日本新聞』朝刊2018.7.21
  • 「朝鮮式山城の特徴―主に兵站と備蓄―」鞠智城・古代山城シンポジウム資料集2018.10
  • 「大宰府の都市と古代山城 The city of Ancient Dazaifu and mountain forts」イコモス・ICOFORT 国際会議2018論文集 2018.10
  • 「古代山城とGIS―大野城・基肄城・阿志岐山城の眺望を中心としてー」『大宰府の研究』高志書院2018・11

 

講演等

1月10日「古代の土木技術について」九州産業大学建築都市工学部 福岡市

1月17日「大宰府史跡の保存と活用」 文化遺産セミナー インドデリー 

2月14日「大宰府と羅城」「もっと知ろう 大宰府講座」古都大宰府保存協会 太宰府市

5月25日「博物館の楽しみ方1」大野城市山城塾 まどかぴあ 大野城市

6月17日「災害時における福岡県の対応」『災害と文化遺産』「第3回九州文化財保存学研究会」別府大学 別府市

7月27日「博物館の楽しみ方2」大野城市山城塾 大野城心のふるさと館 

10月13日「大宰府史跡発掘調査50年」太宰府市発見塾 太宰府館 太宰府市

10月14日「朝鮮式山城の特徴」鞠智城・古代山城シンポジウム 明治大学 東京都千代田区

10月15日「大野城心のふるさと館がめざすもの」福岡県市長会研修会 大野城心のふるさと館

 

館外の委員等(2018年4月~)

文化庁水中遺跡調査検討委員会副委員長

文化庁水中遺跡調査検討委員会協力者会議 

九州国立博物館買取評価委員

福岡県・春日市文化財専門委員

鹿児島県・瀬戸内町近代遺跡調査検討委員会委員長

鹿児島県・伊仙町生涯活躍のまちづくり町有地・施設利用構想検討委員

鹿児島県・徳之島町水中遺跡指導委員会委員

佐賀県・佐賀市東名遺跡整備基本計画策定委員会委員

長崎県・対馬市有識者会議構成員(対馬市博物館建設推進会議)

公益財団法人古都大宰府保存協会顧問

独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所客員研究員

九州国立博物館名誉館員