コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
大野城心のふるさと館 Onojo Cocoro-no-furusato-kan City Museum

トップページ > 館長の部屋

館長の部屋

更新日:2019年03月08日

大野城心のふるさと館 館長

館長

赤司 善彦(あかし よしひこ)

館長からのメッセージ

 

 

 春は桃の節句

 3月3日は桃の花を活けてひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事です。その頃は桃の花が咲いていますので、桃の節句と呼ばれています。しかし、時期はあくまでも旧暦です。現在のカレンダーだと4月初旬ごろにあたるのです。そのため、桃の節句といっても、桃の花は咲いていません。我が家のモモの木は、つぼみが開き始めですが、花モモは固いつぼみのままです。薄紅色の開花をもう少し待たなければなりません。
 さて、モモの花だけでなくウメの花がぽつりと咲き始めると、春が近いことを実感される方も多いと思います。そして、天満宮のような梅の名所でなくとも、ご近所にも意外とウメの花木があることに気づいたりしませんか。また、ウメ以外にも今の時期はツバキやコブシなどさまざまな花木が花を咲かせています。これまで枯れたような木々の姿だったり、葉っぱだけの緑の姿だったので、まるで自分の名前を取り戻そうと躍起になって花を咲かせます。
 ところで、花モモの木を我が家に植えたのは、NHKテレビで「秩父山中 花のあとさき~ムツばあさんのいない春~」を視たからです。過疎化が進む山里の村で、先祖代々の畑を耕せないのはしのびないからと、長年にわたって花を植えて山に還そうとし続けたご夫婦のドキュメンタリーです。寡黙な夫と顔を皺くちゃにして愛嬌の絶えないムツばあさんは体が動かなくなるまで、花やモミジ、そして花モモを植え続けたのです。「旅の人がきれいだと立ち止まってくれたら」との言葉を残して穏やかな晩年を閉じます。訪れたことはありませんが、春になると薄紅色に染まる山深い村の姿を想像し懐かしさが込み上げます。私にとって心のふるさと八景の一つです。

 現在、無料企画展『私のふるさと展』を開催中です。(4月7日まで)皆さんから頂いた「私のふるさと 写真とメッセージ」を展示しています。
 それから1階「昭和のくらし」コーナーで、畳の居間にひな人形を飾っています。残念ながら博物館施設では生け花など植物は持ち込めないので、ひな壇に桃の花を飾ることはできませんでした。
 さあ春です。自然界は新しい命の季節。わたしたちも負けずにファイト!!! 

3月_館長の部屋_ひな人形写真は心のふるさと館1「昭和のくらし」コーナーに展示されたひな人形です。

 

  • 文中の番組は「ハイビジョン特集 秩父山中 花のあとさき」検索すると、NHKアーカイブスの動画の一部をご覧になれます。

平成31年3月6日

 


1957年福岡県生まれ

 

専門分野

古代の大宰府や古代山城、主に朝鮮半島との対外交流、近年は水中遺跡の調査研究。

 

経歴(年度)

1984年~ 福岡県教育庁文化課技師

1985年~ 九州歴史資料館で大宰府史跡の調査研究に従事。その後、福岡県教育庁北筑後教育事務所等で勤務。

2000年~ 九州国立博物館の設立準備に従事。

2005年~ 九州国立博物館展示課長

2014年~ 福岡県教育庁総務部文化財保護課長、副理事兼文化財保護課長を経て2017年3月に退職。
      その後九州歴史資料館企画主幹にて再任用。

2018年~ 市民ミュージアム 大野城心のふるさと館館長に就任し、現在に至る。

 

業績 2018年~

著作等
  • 「世界の水中遺跡の保存と活用」『水中遺跡の歴史学』山川出版社2018.3
  • 「大宰府の都市の造営」『大宰府への道―古代都市と交通―』九州歴史資料館2018.4
  • 「博多をめざした交易船をさがす」『西日本文化』478 2018.7
  • 「公立博物館意識改革待ったなし」『西日本新聞』朝刊2018.7.21
  • 「朝鮮式山城の特徴―主に兵站と備蓄―」鞠智城・古代山城シンポジウム資料集2018.10
  • 「大宰府の都市と古代山城 The city of Ancient Dazaifu and mountain forts」イコモス・ICOFORT 国際会議2018論文集 2018.10
  • 「古代山城とGIS―大野城・基肄城・阿志岐山城の眺望を中心としてー」『大宰府の研究』高志書院2018・11

 

講演等

1月10日「古代の土木技術について」九州産業大学建築都市工学部 福岡市

1月17日「大宰府史跡の保存と活用」 文化遺産セミナー インドデリー 

2月14日「大宰府と羅城」「もっと知ろう 大宰府講座」古都大宰府保存協会 太宰府市

5月25日「博物館の楽しみ方1」大野城市山城塾 まどかぴあ 大野城市

6月17日「災害時における福岡県の対応」『災害と文化遺産』「第3回九州文化財保存学研究会」別府大学 別府市

7月27日「博物館の楽しみ方2」大野城市山城塾 大野城心のふるさと館 

10月13日「大宰府史跡発掘調査50年」太宰府市発見塾 太宰府館 太宰府市

10月14日「朝鮮式山城の特徴」鞠智城・古代山城シンポジウム 明治大学 東京都千代田区

10月15日「大野城心のふるさと館がめざすもの」福岡県市長会研修会 大野城心のふるさと館

 

館外の委員等(2018年4月~)

文化庁水中遺跡調査検討委員会副委員長

文化庁水中遺跡調査検討委員会協力者会議 

九州国立博物館買取評価委員

福岡県・春日市文化財専門委員

鹿児島県・瀬戸内町近代遺跡調査検討委員会委員長

鹿児島県・伊仙町生涯活躍のまちづくり町有地・施設利用構想検討委員

鹿児島県・徳之島町水中遺跡指導委員会委員

佐賀県・佐賀市東名遺跡整備基本計画策定委員会委員

長崎県・対馬市有識者会議構成員(対馬市博物館建設推進会議)

公益財団法人古都大宰府保存協会顧問

独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所客員研究員

九州国立博物館名誉館員